2013年02月10日

母の声

s-001.jpg

近くにいたのなら
もう少しいろいろ一緒に出かけたりできたのかもしれない
でも離れていたからこそ
母の想いに有難みを感じることもできたんだと思う

まだ頭の片隅で母の声は聞こえるけど
時間の経過とともにその記憶も薄れていくんだろうなぁ
寂しくもあるけど
これが人生

あなたの声に後押しされてここまで来れました
まだまだひよっ子だけど
親孝行らしいことなんて何ひとつ出来なかったけど
いつでもあなたが味方してくれたから
自信をもってやってこれました

いつかあなたの声を忘れてしまう日が来たとしても
一緒に過ごした日々の思い出は
けっして忘れることはないでしょう

母さん
ほんと今までありがとね
posted by nina at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いにふける