2013年02月10日

母の声

s-001.jpg

近くにいたのなら
もう少しいろいろ一緒に出かけたりできたのかもしれない
でも離れていたからこそ
母の想いに有難みを感じることもできたんだと思う

まだ頭の片隅で母の声は聞こえるけど
時間の経過とともにその記憶も薄れていくんだろうなぁ
寂しくもあるけど
これが人生

あなたの声に後押しされてここまで来れました
まだまだひよっ子だけど
親孝行らしいことなんて何ひとつ出来なかったけど
いつでもあなたが味方してくれたから
自信をもってやってこれました

いつかあなたの声を忘れてしまう日が来たとしても
一緒に過ごした日々の思い出は
けっして忘れることはないでしょう

母さん
ほんと今までありがとね
posted by nina at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いにふける

2012年05月01日

手放す

いま生活してる環境を見渡したとき、
改めてあまりにたくさんのものに囲まれてることに気付きます。
いつか使いそうだな〜とか、あったら便利!とか、そうこうしてるうちに家の中はいつのまにかゴミの山(笑)
ほんとうに必要なもの以外にあまりに多くのものを持ちすぎて、身動きがとりにくくなってますよね。
一時前に流行った「断捨離」というコトバ。
片付け術のひとつとして注目された整理法ですが、もともと物持ち性分の人にとって「もの」を手放すということはなかなかエネルギーを要するもので、その人のもつ人間性や良心すら捨て去ることになりかねません。

あり余る富。
ものを大切にする心。
それらの本質を理解せず、使い捨ての感覚を拭い去らない限り、ただ要らないから捨てるというのでは何の解決にも繋がらない気がします。

2 008.jpg

今年の初め、パソコンが突然動かなくなりました。
デジカメで気軽に写真が撮れるようになってから、写真管理はパソコンのデータ内のみ。
パソコンの修理は無償で済みましたが、この5〜6年間すべての画像データがぶっ飛んだのはけっこうショックでした。
修理に出したときある程度は覚悟してたけど、しばらくは立ち直れなかったな(笑)

でもこのことでひとつ心の中に大きな変化がありました。
確かに思い入れのある写真もあっただろうけど、今となってはあんまり思い出せないし、ほんとうに必要かと聞かれるとそうでもない。
すべては記憶の断片にすぎず、この一件がなければそうそう写真を見かえすもんでもない。
失ったことに捉われててもどうしようもないんですよ、ほんと。

どこか後ろ髪を引かれる思いはあるものの、スッキリしたのも事実。
たかが写真…、と自分に言い聞かせてますもうやだ〜(悲しい顔)
って、まだ未練たっぷりやん。

どうぶつってすごいですよね!
服も着ず、いつでも身ひとつなんですから猫
見習うこと多いですよ、きっと。

s-005.jpg
posted by nina at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いにふける

2012年03月05日

ご無沙汰ですね(笑)

 s-020.jpg

前回の更新より、かれこれ3年以上の月日が過ぎました。
あの頃に今の世の中の動向を予測できたはずもなく、
こうしてお店を続けていられることだけでも
有り難いことなのでは、と素直に思えます。
それくらい現実は厳しくもあり
岐路に立たされているということなのでしょうか…。

なぜ店をしてるのかとたまに考えることがあります。
飲食に携わって20年ちょっと。
収入を得るという意味では雇われている方が楽かもしれません。
まあ、こればっかりはそれぞれの仕事に対する思い入れの違いにもよるのでしょうけど、働いたら働いただけ恵まれるという感覚はないように思います。
それがたとえ自分の店だとしても同じこと。
今の在り方ではどうなのか…、もっと改善の余地があるのではないか…と自問自答しながらも、日々の仕事に追われ、流されている自分がいます。

何のために働くのか。
そこをきちんと見定めることなくして、これからの人生を生きる目的と手段を明確に位置付けることなんてできませんよね。
かけがえのない毎日を無駄に過ごすことなく歩み続けるためにも、いまできることを後回しせず、精進できればと思う今日この頃です。



Neil Young - Walk On
posted by nina at 01:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いにふける

2009年01月13日

自分探し

今、ここにいる意味を探すため
自分という存在の理由を求めるため

いざ、心の扉のカギを開けよう

2008-11-28 002.JPG





posted by nina at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 思いにふける